« 4月からの新ドラマってさ | トップページ | 白夜行のDVDの特典がすごいらしい »

2006年4月 3日 (月)

この不信感の矛先をどこに向ければよいのやら

ちょっと時事(政治)ネタ入ってますが、メインはそれではありません。
あとで消すかも。

民主党執行部が辞任して、新しい民主党代表は? という話題がテレビとか新聞とかで見るけれど、正直、「またか」と思わずにはいられない。
何が「またか」というと、「代表にふさわしい人」の顔ぶれもそうだが、そもそも今回の執行部が辞任することになったのは、「ガセメール」って…。騒ぐだけ騒いで最終的には自分のとこに跳ね返ってんじゃん!みたいな。年金問題もそうだったよねえ、と「かつて代表だった人」で、「もしかしたら次の代表になるかもしれない人」の顔を見ながら思いました。
そんな私ですが、昔むかしは、「かいわれ大根」とか「薬害エイズ」とかで期待してた時期もあったんだ。今思えば、それもテレビとか新聞とかの記事からの印象でしかなかったのかも。
まあ、今の「またか」という気持ちも、第一印象でしかないんだけども。

この「第一印象」っていうのがやっかいなもんで、一度、そのフィルターがかかってしまうとその「第一印象」が判断基準になってしまうってこと。
そして、最近よく思うのが、「見出し」のえげつなさ。
よく新聞の広告で「週刊なんとか」の見出しがでてるのを見るのだけれど、それを見てるといろんな意味で不信感がつのる。ちなみに一番の不信感の矛先は、そんな記事を載せてる週刊誌と広告載せてる新聞なんだけど(笑)
それは週刊誌の見出しだけでなく、新聞の見出し、テレビ欄の見出し、ネットでのニュース記事の見出し…ありとあらゆる「見出し」が信用できなくなりつつある。ちなみにこの記事の見出しもなんなんだ、という(笑)
だって実際の記事を見ても「…えっ?」って思うのが多すぎるんだもんなあ。
金とってる週刊誌や影響力のでかいテレビ・新聞でそれをやられるとがっかりですよ。そんなもんに余計な金を使ってしまったか、と自分にまで不信感。まあ、商売でやってることなんだけどさ。でも商品価値としてはどうなのよ。

むしろ、さらに最近思うようになったのは、「見出し」こそが本当の目的か? ということ。
私もそうだけど、たとえばYahoo!のトピックスですら全てを見ることなんてほとんどないのに、ありとあらゆるネット記事や紙媒体の記事に目を通すことなんて不可能だし。
でもたとえば、「今度の週刊なんとかに『■■と●●の密会現場をスクープ!(写真なし)』という記事が載る」というだけでも、ネタになるわけですよ。で、実際の週刊なんとかを全員が見るわけでないので、その見出しだけが一人歩き。恐ろしいね。

なんとなく、知ったかぶってみました。

|

« 4月からの新ドラマってさ | トップページ | 白夜行のDVDの特典がすごいらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/9412436

この記事へのトラックバック一覧です: この不信感の矛先をどこに向ければよいのやら:

« 4月からの新ドラマってさ | トップページ | 白夜行のDVDの特典がすごいらしい »