« 白夜行を見た(とりあえずの最終話) | トップページ | 4月からの新ドラマってさ »

2006年3月26日 (日)

白夜行・まとめ

最終回の感想を一気に書き上げて、そのうちなんか書こうかな、と思ったけど、書きたいことはほとんど書いてしまったような気もするし、全然書けていない気もするし。なので無造作に書きなぐります。

最終回のつっこみ忘れ:雪穂はタグ打ち派? 私とおんなじだ。(だからなんだ)

結局のところ、ドラマ白夜行って相当ひねくれた「ラピュタ」って感じ?
ラピュタ、と具体的な作品名を出すのは気がひけるのだけど、いわゆる「少年がわけあり少女と出会い、少女のために強くなろうと決意する」話。ボーイミーツガールもの、少年の成長物語。
ただ、亮司と雪穂は、その「強くなろうと決意する」方向が違ってしまった。笹垣も最初はムスカ的だったし(心情的にね)
だからこそ、最初の事件を1話めにもってきたんだろうなあ、という気がします。

ちなみに、私は意外と典子の子供はアリだとおもってる派。
最初は「それって…」ともやもやしちゃったし、安易だという批判もわかるけど、でも、ラストで雪穂と子供(あれって亮司の子供ですよね)が手を繋いで、雪穂のうなだれる後ろ姿に、言い様のない救いのなさと、わずかな光を見た思いです。(ちなみに「砂の城」的な展開を期待しているわけではない)

あと、内容以外の感想について。


最初、ドラマになると聞いたときは「絶対むりむりむり」と思いました。上手く言えないのだけど、あの薄暗さというか底の知れなさが、映像になったら陳腐になるんじゃないかなあ、と。でも、架空都市・布施の雰囲気はかなり好みでした。あのくすみっぷりがたまらん。

役者陣。最初、「濃い、濃ゆいよ!」と思いましたもん。(特に山田・渡部・武田)だけど、ある意味現実離れした感のある脚本を、リアリティをもたせ、説得力のあるドラマにしたのは、やっぱり役者の力だなあ、なんて、素人目だけど思ってみる。久々に役者の仕事を堪能できた! って感じ。
そして、ドラマ外でも役者のプライベートでいろいろあったなあ。特に、亮司が典子との間に子供をもうけていたのと、実際に山田くんがある女性との間に子供がいた、なんて繋がりに「ちょっと、いいの?!」なんて。ドラマと役者のプライベートは関係ない、と思っていたとしても、かなり強烈だったよ。まあ、実際のところ、最初から決まってたのかもしれないし、実は後付け設定だったとしても、本当によくやったよ…やまだは(そりゃ、笑いたくもなるよね)(流石、彼はSキャラだと思う。亮司はMだが)

そんなやまだくんですが、今回の亮司役はかなり好きですよ私。
セカチューのときはうまいけど、ちょっと演技濃ゆすぎ、とか思うときもあったけど(でもドラマセカチューには合ってたと思う)、今回はうまく言えないけど、一皮剥けたっていうか、そんな感じ。
台詞のない表情だけのシーンが、とても印象的でした。
1話ラスト、5話ラスト、9話ラスト、10話ラスト、最終回の飛び下り直前の表情…この5つかな? 順不同で印象的なシーンは。
はるかちゃんは、もっと大変だっただろうな、と思うよ。決まったときからありえない、とか言われてたみたいだし、1話の福田まゆこちゃんが「これぞ雪穂!」な演技を見せて更にハードルあがって、最初は「やっぱきついか?」と思うときもあったけど、やっぱり5話の「騙されるほうがバカなのよ」あたりから、キタね。あ、あと3話で亮司の部屋に無言で入ってくるところとか、高宮を騙すところとかなんて、個人的には「完璧じゃん」なんて思いました。
2人とも、それぞれ次回作が楽しみです。(はるかちゃんはこれからも活躍しそうだが、やまだくんはよくわかんないですよね。個人的には悪役とかヒモ役とか、ダメ男をきわめてほしいけど)

あとは、やはり金八こと、武田鉄矢ですね。
私は実は、ちゃんと金八先生を見たことがないのだけど(たまに再放送とかは見てたような気もするけど)、そんな私ですら、武田鉄矢は金八、というイメージが強烈だったのに。
今回の笹垣は、最初の無気味さといい(まさにmonsterのルンゲ警部のようだ)、中盤の古賀殉職に対する怒りといい、終盤のある種「父親」的な雰囲気といい、恐ろしいまでの不死身っぷりといい(笑)、きんぱち先生と同じ人とは思えないなあ。(里見八犬伝の悪役っぷりも記憶に新しい)
助演男優賞は武田鉄矢に決定です。(でも、ドラマの賞って「テレビジョン」のやつしか知らないなあ。しかも私はめんどくさいのでハガキ出さないし)

でも、最後にひとつだけ言わせてくれ。
「続編」ってな ん の こ と?
(DVDの最終話に、続編につながるっぽいオリジナルエンディング?があるらしいです)このドラマはあれで完結したんだから、いいじゃんよー。
放映時にカットされた部分、とかは別にいいんですけど(そういうのを探すのが好きです)、続編っぽいものは、なんだかなあ、という気がします。
単純に、まだ「幻夜」を読んでないのもあるんですけどね(文庫になったら読もうと思っている)

|

« 白夜行を見た(とりあえずの最終話) | トップページ | 4月からの新ドラマってさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/9273247

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行・まとめ:

« 白夜行を見た(とりあえずの最終話) | トップページ | 4月からの新ドラマってさ »