« 白夜行で白昼夢 | トップページ | 白夜行・最終回前妄想(1) »

2006年3月17日 (金)

白夜行(とりあえず10話)

なんか最初、見てたときは「なにこの総集編」とか思ったんですけど…いつものように、見終わったあとにお風呂に入りながら内容を反芻していたら、一気に鬱が来た。

とりあえずの鬱ポイント
1:先週の「そのザマか」の続き。2人して救われない、という礼子さんの最期
2:「あと2年で時効なんだよ」という雪穂と、実はそうじゃない亮司の決別(「好きだったよ」という過去形が気になる)
3:掲示板の書き込みを見た弥生子の様子
4:「俺の遺伝子なんか残すなってことじゃない、ろくでもないから」と言ったにも関わらず、どうやら自分の遺伝子を残してしまったかもしれない亮司
5:「愛し方がわからない」「私はなんの役にもたたなかった」という雪穂。この台詞で思ったのだけど、雪穂の考える愛し方というのは結局、なにか対価を必要としなければならない、と思ってるんだろう。亮司と太陽の下を歩くために売春結婚→離婚して、太陽の下に戻してあげたのに、リョウはもう一緒に歩くことをあきらめてる、だから私はリョウにとって何の役にもたたなかったんだ、ということだろうか。でも、子供時代の回想シーンの意味がよくわかんない…けど、あんな最低な母親にも愛されたかったんだろうか。きっとそうなんだろうな…。
6:「あの子はまだダクトの中にいる 押し込めたのは私」という弥生子の遺言(亮司も雪穂に対して同じことを思ってるんだよな)
7:「私が気付いてやれればよかった」という谷口真文に対し、「あの2人に同情することなんかない」と言い切った笹垣(はじめて笹垣に同調できたよ)(でも谷口真文の言うことにだって一理あるし…)
8:篠塚まで同じ穴のムジナになってしまうのか…!
9:笹垣ノートを見て青酸カリでなくて自分の手で殺ることにした亮司(あのラストの部屋のシーンは久々にゾクゾクきた、っていうか毎週ゾクゾクしてるんだけどさ)

どうせだから今のうちに書いておきます。
予告で雪穂が「死刑台まで歩いていく」みたいなこと言ってるけど、そう簡単に罪を認めるんだろうか…。今週の雪穂と篠塚のやりとりを見てると、亮司死後の人生設計まで視野にいれてる感もあるんだよなあ。あと話には関係ないけど、喪服姿の綾瀬はるかに萌えた(我が人生はどこへ行くつもりなんだ…!)

でもって、4について。
なんか以前、亮ちゃんてば薄幸の年上女に好かれるタイプなのか? と書いたけど、実は亮司の本来の好みが薄幸の女なのかも知れぬ。好きだった女は雪穂ぐらいだし(過去形になってしまってるのがまたなんとも)。
笹垣殺して俺も死ねばいいんだ(すでに雪穂と同じ太陽の下を歩くことなんかできない)、という気持ちの亮司にとって、典子に「幽霊は男に見つかって本当は嬉しかったんじゃない? だから殺す必要はないよ」と言われたときに、自分の心の枷がはずれたんだろうなあ。もしかしたら、亮司はこういうふうに、ただ自分の存在を受入れてほしかっただけなのかもしれない。
死んだ女の中に良心を捨て、好きな女には何もできなかった、幽霊のような男をはじめて受入れてくれた同じ幽霊だった女。その2人の行為が「むさぼりあう」みたいな、本能的な感じだったのがなんとも言えんなあ。というか、亮司が女を求めたのがこれが初めてなんじゃないか。雪穂のときは、「なんとかしてよ」の結果だから…。(しかもなにもできなかった)
で、もしこれで典子に亮司の子供ができてたとしたら、ある意味、亮司と雪穂にとっての強烈な罰かな、という気もする。2人でいても、何も生み出せない。
でも典子の立場にたってみれば、一時でも愛した男の子供だしなあ…(なんか書いてて複雑な気持ちになってきました。)

<ここから先を追記しました>

で、ラストで亮司が笹垣の記したノートを見て「血と肉にまみれて殺したい」と、青酸カリでの殺害をやめるところ。
亮司にとって、あのハサミは父親殺しの象徴なんだなあ。
実の父、松浦、そして幽霊の自分をずっと追いかけてきた笹垣。そうやって、死んでいく父親たちを感じていた。で、亮司は笹垣殺して自分も死ぬつもりだけど、やっぱりあのハサミで死ぬ気だったのか。

|

« 白夜行で白昼夢 | トップページ | 白夜行・最終回前妄想(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/9125110

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行(とりあえず10話):

» 白夜行 [私の趣味日記]
 第10話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  「たった一人気付いたやつを殺すんだ。」って亮君言ってたけど、それってやっぱり篠塚さんのこと?それとも武田鉄矢?{/kaeru_shock2/}  亮君死ぬつもりなの{/eq_1/}{/hiyo_cry1/}雪穂に邪魔な奴は確実にあいつと俺なんだって言ってたし{/face_cry/}うわーん、亮君のお母さん自殺しちゃったよ{/face_naki/}思�... [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 09:14

» 白夜行 第10話 [みんなのうた♪]
礼子にまで手をかけてしまった雪穂と亮司。もう二人には同情できません。いったいこの先どうなるの?? 第10話の簡単なあらすじ 医療ミスで礼子(八千草薫)が亡くなったと聞いた篠塚(柏原崇)は、雪穂(綾瀬はるか)が何か関わっているのではと笹垣(武田鉄矢)にその旨を知らせた。反対されながらも雪穂に近づくため礼子の葬儀場を訪れる篠塚。でも、普通に親切に接してくる篠塚に疑惑を抱いた雪穂は、電話... [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 15:23

« 白夜行で白昼夢 | トップページ | 白夜行・最終回前妄想(1) »