« 再放送中「青い鳥」 | トップページ | チョコレート話 »

2006年2月 5日 (日)

白夜行を見た(4話め)

とりあえずカテゴリをつくるまでになってしまった…

前々からとうっすら感じていたのだけど、今回ではっきりしたことがある。
・ドラマだと亮司サイドのエピソードの方が見応えがある。役者陣のせいか。でも内容的にはやはり雪穂がダーク化した方が恐ろしい。
・山田綾瀬の組み合わせ自体はすごく好きなのだけど、このドラマに限っていえば、一緒のシーンになると何故かテンションが下がる。

1番目のはともかくとして、2番目のはやばいなあ。
いや、流れを無視してシーンだけを取り出して見た場合だと「萌える」んだけど、1時間という流れでドラマを見てくと、なんか「?」という気持ちになってしまう。
でも、今回の「すれ違った際に紙袋を渡す」シーンや、3話目の「亮司の部屋に入る雪穂のスローモーション」なんかはかなりゾクゾクしたので、やっぱり期待しちゃうんだな。

あと、演出とかに詳しいわけではないけど、今回くらいあっさり系の方が私はスキです。
BGMも2話よりは控えめだったし、一応、山田の声も聞き取れたし(笑)←これ最重要

あと関係ないですけど、「時効警察」を見てるとついこのドラマを思い出してしまいます。
特に昨日は、「時効過ぎても罪は罪」みたいな台詞がでてきたから…

今回、異常に長くなってしまったのです。


で、まあ今回思ったことは。
亮司は松浦の生き方を踏襲していくんじゃないかな、と感じた。2話あたりから山田孝之の演技は渡部篤郎に似てきている、と思ったんだけど、もしかしたら、そこまで考えていたりする…のか?気のせい?
友彦や奈美江を偽造カード作りの道に引き込むためにとった方法は、まんま自分が松浦にされてたことだしね。友彦の場合は、「まさか死体と…」ということで懐柔し、奈美江の場合は男子高生との売春の場にいたことをバラされたくなければ、と。そして、亮司は「隙を見せたやつが負けなんだ」と言うんだけど、むしろこちらの言葉の方が彼女の心を動かした(まあ、犯罪だけども)、ということがあとでわかる。

そして、亮司と友彦と奈美江の奇妙な共犯関係ができあがる。
この3人の関係をもっと見たかったな。
カード偽造、という犯罪で結びついている3人だけども、一緒にいるシーンなんかはちょっとだけほっとできた。亮司の部屋が殺風景だからと窓際に観葉植物を置き、好きなタイプを聞いて「リョウってMなんだ?(そのとおりだ!と思わずうなづいたよ)」と言う奈美江、亮司と奈美江が妙に仲がいいことに嫉妬し、亮司が自分のことを何にも話してくれないことを寂しがる友彦(トイレが近い)、もしかしてこの2人に情が移ってる?と思わせる亮司(だいぶ小悪党になっている)。
あ、なんかやっぱりこの関係も松浦と亮司の関係に似ている。こっちはもっと打算的だけどね。
つまり、この2人の関係が終了するときも、今回のように最後は亮司が裏切る、のかなあ?
今のヘタレ亮司(それでも2・3話に比べればかなり壊れているけど)からは予測もつかない。っていうか榎本が部屋にやってきたときに真っ先に隠れたり奈美江を売ったりするような、裏社会で飄々と生きてるような松浦を出し抜けるのか??
まあ、これは私の妄想なのだけど、松浦と亮司は疑似父子関係なわけですよ。歪んでるけど。
亮司は実の父親を殺害してしまったけれど、もしかしたらいずれ、疑似父である松浦も殺しちゃうんかな(原作だとほぼ確実なのだけど)。ある種のエディプス・コンプレックス?なのか。

話はドラマに戻るけれど、そんな奇妙な3人の共犯関係にも終わりがきてしまった。
ある日、亮司の元にヤクザの榎本がやってきて、奈美江の居場所を教えろと脅す。
友彦がたまたま食堂で見たニュースで、奈美江と同じ銀行で働いている男が殺されたことが伝えられる。奈美江が密かに榎本の口座に不正送金していることに気付いた上司が、当事者であると知らずに奈美江に相談を持ちかけ、奈美江が榎本に相談したからだ。
しかも、奈美江は密かに自分用の秘密口座を5つもっており、そこにも2000万、不正送金していたという。奈美江を逃がすためにいろいろ手配する、という亮司は友彦に、ホテルに潜伏中の奈美江の身の回りの世話をしろと言って部屋をでていった。
昔、男に騙されて財産を盗られてしまった経験を友彦に話す奈美江。亮司が言った「隙を見せる奴が悪い」ということを昔の男に言われ、自分は男に騙されてばかりだと自嘲する奈美江に、友彦が「俺たちは仲間だから」と言うところは、なんか悲しかった。友彦はいい奴すぎる。(まあ、偽造カード作りを楽しんでいるような無邪気な奴だしな)
その頃、亮司は榎本たちに暴行されていた。榎本たちが帰ったあと隠れていた松浦が、榎本たちに奈美江を売ったことを亮司に伝える。この逃げっぷりや強い者に媚びへつらいっぷりがたまらないよ松浦。
「だっておまえが捕まったら困る人いるんじゃないの?」
と、「風と共に去りぬ」をパラパラめくる松浦がやばい。雪穂とのこともとっくに勘付かれていたのか?もしかして。

ここで捕まるわけにはいかない亮司は、奈美江を陥れる工作に協力することになる。
奈美江の持ってきた観葉植物を見ながら、彼女の面影を思い出す亮司は、雪穂に会いたくてたまらなくなる。今まで必死に我慢してきたけれど、雪穂の顔を見れば吹っ切れる…と思って。
そんなギリギリな状態のストーカー亮司が見たものは、ソシアルダンス部のOB篠塚一成(原書で「風と共に去りぬ」を読む御曹子)に恋する雪穂だった…。

亮司にとって、雪穂は「黒い女神」だったんじゃないかな。幼い頃に自分の分の罪まで被って母親と死のうとし、3話の教会破壊シーンで、亮司は神にではなく唐沢雪穂に強くなることを誓い、自分が世間的に死ぬことになったときでも「リョウはここにいるじゃない」と言ってくれた女神が、目の前でただの恋する女に成り下がったわけで。
雪穂の気持ちが別の男に向いていると悟ったときの、亮司の目から光が消えた表情に背筋が凍りますよ。予告であのシーンを見たとき「また泣くのか!」と思ったけど、明らかにいままでのヘタレ泣きじゃなかったんだな…。血の涙のようでしたよ。

雪穂を傷つけてやろうと思った。

ダーク亮司を熱望していた私ですが、まさかこんな形で発動するとは思わなかったですよ。
なるべく雪穂に負担をかけたくなくて、雪穂から電話が来ても「心配しないで」と言っていた亮司が、雪穂を奈美江殺しの計画に協力させようとする。亮司は死亡届偽装といい、なんでこうも振り幅が極端なんだ?

奈美江を潜伏先である名古屋へと送るその日。「2人に助けられた命だから」と亮司と友彦を抱きしめて涙を流す奈美江。その言葉に何かを思う亮司。
友彦に車を回しておいて、と言い残し、紙袋を持って歩いていく。
向かいから黒いコートを着た雪穂がやってくる。
すれ違いざま、紙袋を雪穂に渡し、何事もなかったようにお互い歩いていくこのシーンは、「これだ! これなんだよ!」って思った人も多いかと。私もですが。あの乾いて張りつめた空気がたまらない。

ところで、しばらくは「換気扇の点検でーす」がトラウマになりそうだ。
なんで奈美江はあっさりと部屋の扉を開けたんだろう?と考えたのだけど、亮司に「協力者が来るときはこう言うから」とでも言われたのか? あまりにも無防備すぎでないかなあ、と思った次第です。確かに自分でも確かに騙されてばかりと言っていたけど…。

名古屋のウィークリーマンションで奈美江が殺された事件のニュース見ている者たちがいた。
友彦は友人たちと定食屋?で食事をしていた。
笹垣は、防犯カメラにうつっていた「西口奈美江」の後ろ姿に、何かを感じていた。
そして、雪穂は…

亮司と落ち合ったホテルの一室でそのニュースを見ていた。
「これって結構あたしもやばくない? 榎本って信用できるの?」と言う雪穂に、亮司は金を数えながら、「信じるから裏切られるんだ」と。自分のことを言ってるみたいですよ。
そりゃもう思わず嫌みったらしく「ペーパーバックは読み終わった?」と言いたくなるさ。
いつの間にか携帯持ってて、しかも自分といるときにかかってきたら、嫌でも雪穂の後ろに自分の知らない世界を感じてしまうよ。自分には雪穂しかいないのに。

ブチ切れした亮司が雪穂をベッドに押し倒して「おまえだけ一抜けは許さねえからな」と切れたところは先週とは明らかに立場逆転!とか思ったのに、雪穂に「リョウには嘘つきたくない」と返されて、「俺しかいないって言ったじゃない…!」で、またいつものヘタレ君に戻ってしまいました…
そんな亮司に雪穂は更に追い打ちをかけちゃう。

「理屈じゃないんだもん…! 仕方ないじゃない…なんとかしてよ…」

この台詞はまさに理屈抜きに共感してしまう人もいるかと思います。私もですが。(これについては深くは書きません)
なんとかしてよ、でベッドシーンかよ! と思ったけど、ほら、リョウちゃんてば振り幅でかすぎるからさぁ(松浦口調)

件のベッドシーンですが、とりあえず何に一番ぶっとんだかというと、
雪穂の「あったかいね」という台詞と(非常にこう、いろいろと含むものを感じる)、胸毛(予測していたけど実際に見ると相当なものです)。
しかし、最後のナレーションにあったように、あの日と同じ雨、ということを思い出していた亮司と、その亮司をじっと見てる雪穂が気になって仕方ありません。

私的次回の見どころ
・今回、「わししかあの2人の横っ面をひっぱたいてやれるのはおらん」と言ったら古賀に「2人とも父親なくしてますからね…」と言われて複雑な笹垣の今後。(今回、笹垣度が足らない!と思った…「風と共に去りぬ」見ただけで疑われたらかないませんが)
・雨にうたれて歩く江利子を見つけた篠塚カッシー、この2人の行方(悲しすぎる)
・松浦が友彦につかみかかってる!

あと、全然関係ないですけど、堤幸彦に渡部×山田のドラマか映画を撮ってほしいなあ、と思いました。

|

« 再放送中「青い鳥」 | トップページ | チョコレート話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/8493243

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行を見た(4話め):

« 再放送中「青い鳥」 | トップページ | チョコレート話 »