« 柴咲コウ「影」(白夜行主題歌) | トップページ | トリノオリンピックって… »

2006年2月19日 (日)

白夜行を見た(6話め)

このドラマで松浦を演じるのが渡部篤郎と知ってから、ずっと、今日の話を期待してました。
そして実際にドラマが始まってから、思っていた以上に松浦と亮ちゃんの絡みが多くて、この2人のシーンが一番見てて楽しかったというか、ハラハラしました。
そんな気持ちで盛り上がりつつ(現実の横やりでテンション下がりつつ)、今回の放送を見ました。
始まる前は「もしかしたら今日で見るのやめちゃうかも」と毎回必ず思うのですが、今回ほどそう思ったことはなかった…。だけど見始めてしまうとやっぱり次回が気になる。
しかし、まさか古賀刑事があんな無惨にも殺されてしまうとは。やけに強調される家族写真やら先週からの活躍やら、いかにも死にますといわんばかりでしたが、裏をかいて重傷くらいで、と心から祈っていたのにな。
亮司と雪穂に全く関係ない人の人生までも狂わされてきている…。古賀刑事の奥さん、後あとにも出てきそうな気がするのですが気のせいかな。

今回のサブタイトルいいですよね。「白夜の終わり」
最初これを新聞で見たとき、「最終回前みたいなサブタイトルだな」とか思ったのですが。
「亮ちゃんさ〜、白夜って知ってる? 夜なのに、太陽が出ててさ、夜が、昼みたいになってさ、」
はじめて出てきたこのドラマのタイトル「白夜」。まさか松浦からでてきた言葉とは。
「だらだらぐずぐず、人生は続くって話」

※今回は今までで一番長くなってしまいました。
やはり、お気に入り人物がいなくなるのはかなり痛いです…


私は、このドラマの松浦が好きでしたよ。悪党だけどある意味、一番筋が通っていた。
そんな彼が何故、あんなヘタレだった亮ちゃんを手もとに置いていたのか。その答えが今回明かされました。
その答えに最初に気付いたのが、友彦だった。
まあ、ドラマオリジナルの松浦の過去については「ちょっとつくりすぎ?」と思わなくもないですが、でも、松浦がなんで亮司にあそこまで執着していたのか? という点で私はとても納得できました。単純にSだからMな亮ちゃんをいじめるのが楽しかった、でもいいけど(笑)

友彦は亮司に言う。
「お前に見捨てられるの、恐いんじゃないかな、松浦さん」
「脅したり、殴ったりするのはさ、愛情の裏返しっていうか 」
それに対して、亮司は「俺それをいつまで受けいれ続けなければならないの?」と聞く。
そんな亮司に友彦は、「俺が想像してるお前の考えてる方法よりまし」と言ったら急にいつもの腹痛に襲われる。
「本当の強さってのは、打たれても打たれても何度でも立ち上がる力のことだぞ」

友彦って、本当にこのドラマに似つかわしくないくらい素直で、いうなれば「太陽の下を歩いてる」人間だなあ。なにげに物事の本質も見極めている。亮ちゃんも、友彦といたら年相応(不精ひげさえ剃れば)の表情になるもんなあ。ちゃんと心から笑えてるし。しかも友彦、そんな亮ちゃん見て心底喜んでるし。
亮ちゃんって本当にバカ。いつだって太陽はちゃんとそばにあったんだよ、と言いたくなる。しかし、あの銭湯シーンは「ウォーターボーイズリスペクト?」とか思っちゃいましたが(笑) 
尻見せも相当なもんだが、握るのも相当なもんです。

銭湯ではだかのおつきあいをしながら、亮司はもう少し、粘ってやろう、と決意する。まだ自分は自分の状況を笑える、終わらぬ白夜はないのだと。

そんな亮司の思いとは裏腹に、雪穂は松浦への殺意をつのらせていた…。
雪穂にとって、松浦は自分と亮司の前に立ちはだかる邪魔な枝のようなもの。枝を切るように、彼をも消してしまおうと決意する。
篠塚に「眠れない」と嘘をつき睡眠薬をもらったのは、何だろうなあ。単純に義母に飲ませてぐっすり眠らせておくため?(「爽命酒」に入れてたし)
そのときの篠塚の態度も、雪穂が関係してるんじゃないかということを探り入れているようだったし。

偽造ゲームに関するガサ入れが入ると聞いて、必死でデータを消す亮司。つい突っ込みたくなる。この場合HDDを物理的に破壊すべきじゃないか?と。それはともかく、松浦がデータを持っていないか確認してくれ、と男に言われ、松浦の携帯に電話をかける亮司。
しかし松浦は電話にでない。
その頃、松浦の元には、亮司の母・弥生子が訪れていた…。
そして2人を尾行する古賀の姿。

弥生子は、「あの写真とネガを買い取りたい」と松浦に申し出る。
松浦があの写真とネガで亮司を脅して悪事を働かせている、彼女なりに出した結論。
「ねえよ」とうそぶく松浦をよそに、必死でネガを探しだして見つける弥生子。
部屋から出ようとする弥生子を、身体で押さえつけようとする松浦、そしてその場にかけよる古賀。
「婦女暴行の現行犯で逮捕する!」
古賀が抵抗する松浦に手錠をかけようとした瞬間、松浦は目の前にあった包丁で古賀を刺した。

ところで、このシーンの次に七味が転がりおち、笹垣が不安を感じる…というところが流れたのですが、まさか「七味唐辛子の伏線(なんかのテレビ雑誌で田中幸太朗が言ってたらしい)」ってこれかー?!!! と別の意味で驚愕しました。

刺された古賀は、それでも松浦を捕まえようとするが倒れてしまう。
ほとんど虫の息のような状態になった古賀に、松浦は
「俺、何も悪くないよねー」
と、その背に包丁を突き刺した。
これって、ひと昔前だったらもっと血まみれな感じのシーンだったんだろうな…(ケイゾクの真山を思い出してみる)。何度も何度も執拗に古賀を刺す松浦、そして動けない弥生子。
弥生子が、ふと玄関を見ると、そこには電話にでない松浦を訪ねてきた亮司が立っていた。
「どういうこと?」子供のような若干舌っ足らずな口調で母親に状況を訪ねる亮司。
「写真を取り戻そうとして…」子供の視線に気付いた弥生子が胸元をかき合わせる。「違う…」その弥生子の言葉は亮司には通じない。そして、

あの日、父親を刺したように、松浦を刺した。第二の殺人。

この「マジ…?」からの一連のシーンに、泣きはしませんでしたが息がとまりました。
以前、松浦と亮司の関係は「疑似父子」って書いたけど、もっと近しい存在だったんだなあ。松浦が言うように、やっぱりこの2人は似ている。というか、亮ちゃんは松浦の事が嫌いなくせに松浦と同じ生き方を選んでしまっている。
偽造レイプ(いやこれは本物だって犯罪だよ)、死亡届けの偽造、偽造カードに海賊版ゲーム。なにひとつとして「ホンモノ」じゃない。そして、父親を殺した犯人なのに、殺された被害者の息子、というニセモノの立場。
だからこそ、松浦は自分と一緒に裏街道を歩かせたかったんだろうか。パチモン同士仲良くやろうじゃないの、亮ちゃん。みたいな。でもそんな松浦のひねくれた愛情は通じていなかった。
私は4話の感想で、「(亮司が奈美江を裏切ったように)2人(松浦と亮司)の関係が終了するときも、今回のように最後は亮司が裏切る、のかなあ?」と書いたけど、松浦からしたらきっと裏切られた、と感じたんだろうなあ。「あんたなんかいらない」なんて言われて。やっぱり、俺と亮ちゃんは所詮まがいもんの関係なんだよな、って。
最期の「パチモンでも捨てたもんじゃない」、あれは「それでも俺は亮ちゃんといてわりと楽しかった」みたいなふうにも聞こえました…。

亮司は、母親に「松浦がこいつ殺したんだって、警察にはそれだけ言ってくれるかな」と言う。 そんな亮司に、母はただ「それでいいの?」としか言えない。
本当は、ちゃんと罪を償わせて真っ当な道を歩かせてやりたいと願っているのに、それを伝えることができない。ただ、ネガを置いて立ち去るだけしかできなかった弥生子。
もし、ここで息子を抱きしめていればまだ、違ったかもしれないのに…。

松浦に電話をしようとしている雪穂の前に、ネガを持った亮司が現れる。何故、それを持っているのか、亮司のコートに付いた返り血で瞬時に悟る雪穂。
「なんで、なんでそんなことしたのよ!」

一話の回想シーンやら予告やらで、たびたび流されたこのシーン。たぶん松浦殺害時のシーンだろうなあということは予想していたのですが、まさか、「なんで殺したのよ?!」じゃなくて「あたしも殺ろうとしてたのに先にやっちゃうんだもんなあ」と続くとは予想外でしたよ…。でも、子供の時の事件も、今回の松浦の事件も、実際に殺した亮司は突発的な行動なのに対し、雪穂の場合は「ころしてやりたい」という殺意が先にあった、というのがなあ…。
このとき、亮司が言った「皆死ねばいいと思っていた」というのは、松浦が古賀を刺したときの「俺悪くないよねー」を思い出す。こんなふうになったのは、俺のせいじゃない。俺のせいじゃ…

「だから、やったのは、あたしだよ」

子供のときと同じ言葉。1話のときの感想を見たら「この目と微笑みが雪穂だって。亮司が自分の人生をかけた女なだけある、と、一瞬で納得させられてしまった。」と書いてました。でもって、今回はというと、この台詞よりもむしろその後の、
「偽造はできないけど、金ならいくらでもふんだくってこれる」
「強姦はできないけど、リョウが好きな女のオトコ、寝取るくらいはできる」
「お返しに、リョウをもう一度太陽の下に戻してあげる」
という言葉の方が強烈すぎます。しかもこのときの雪穂、なんか、妙な母性を感じた。なんというか既に恋愛感情とかそういうものを超越してるよね。なんていうか、親が子供を守るためならなんでもするわ、みたいな本能。で、亮司も亮司で、雪穂の前では子供のように泣きじゃくる。でも2・3話の頃のヘタレ亮ちゃんじゃなくなっちゃたなあ。
しかし、このときの雪穂の言った「太陽」、それはもうニセモノでしかないことを2人は知っていたんだろう。それでも、その偽物に救いを求めたかった亮司。
部屋に戻った亮司が見つけた、「今度昼間歩こう 友」の置き書きと、温泉行きのチケット。
本物の太陽からの誘いも、もう時既に遅しだった…。

古賀の死体と対面する笹垣と古賀の妻。
「古賀は、笹垣さんを見ると、父という言葉を思い出す」
というのを聞いて、このドラマのもうひとつのキーワードは「父」かな? と思いました。太陽を奪われた=父親を奪われた?
 (日本だと太陽は天照大神=女神、だけど、太陽=男神、という神話も多いしなあ…うーん、妄想)
カップラーメンに七味を入れて真っ赤になった中身は、古賀の無念さそのものでした。そして笹垣の執念に新たな炎が灯る…。無惨にも命を奪われた古賀のため、あるいは古賀の家族のため。

雪穂は庭に何かを埋めている(ここ注目)。
見上げた空には太陽、その太陽を掴もうと手をのばす…。

そして、亮司は友彦に後を託す。
かつて亮司の住んでいた部屋にひとり立つ友彦、そして警察がやってくる。
「ここに松浦ってやつおったろ、あともうひとり」
「リョウ、って人のことですか?」
亮司の指示どおりに、他人事のように言う友彦。そしてキレる笹垣。友彦、なぐられてばかりだ…。
これで、亮司と友彦の関係も終わりなのかと思うと寂しくて私が泣きそうだ…。今回は一気に2人死ぬわ、友彦はいなくなるわで次回から新展開って感じ。

私的次回のみどころ
・雪穂にターゲットにされた高宮誠の人生やいかに。「妊娠させちゃったんだ…」
・にやり笑いの亮司が恐い。(ひげがないよ!!)
・「幽霊みたいなもんだからさ」栗原典子が登場しますよ(私は原作で好きなのは、友彦と典子なので楽しみ)
・「誰も俺の名前を呼んでくれない」

|

« 柴咲コウ「影」(白夜行主題歌) | トップページ | トリノオリンピックって… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/8711271

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行を見た(6話め):

« 柴咲コウ「影」(白夜行主題歌) | トップページ | トリノオリンピックって… »