« ナポレオン・ダイナマイト(邦題『バス男』)(映画・ネタバレ) | トップページ | ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo »

2005年11月17日 (木)

最近はマンガの映像化が多すぎる

とりあえず、ここ最近のだけでも。
花より男子 金曜10時放送中
どろろ 映画化
蟲師 映画化
小早川伸木の恋(仮)来年の1月より木曜10時放映開始(ところで、何故(仮)???)

まあ、マンガと映像作品は別ものと考えるべきですが。(この前も同じ事を書いたな)
しかし、「どろろ」の記事を見て気になるのは「20億円を超える製作費を投じ」ってところ。
個人的な偏見で恐縮だけど、こういう制作費がすごいぞ!というのを全面的に出す邦画は苦手だ。金かけるべきところは、うんとかけるべきと思うのだけど、実際に見て「ありゃ?」となってしまう。この手の話になると必ず名前を出されるのは、「ドラゴンヘッド」と「デビルマン」が二大?巨頭だけど、「デビルマン」は見てないから何も言えない。ドラゴンヘッドは…まあ…今さら何も言うまい。
何故ダメ映画呼ばわりされるのか素人でもわかるのに、どうして製作中に誰も何も言わないのか不思議でならない。

しかし、どうせマンガの映像化をするのならこれをやってほしい! と個人的に思うものがある。
冨樫義博のレベルEをドラマにしてみれるものなら、してほしいよ私。
キャストはこの人がいい! というのは特にないのだけど(唯一思い付いたのは、最初の話にでてきた擬態死できる宇宙人=荒川良々くらいだ)。ぜひとも金曜の11時の時間帯でお願いします(笑)
(しかし、何故レベルEなのか自分でもよくわからない)

|

« ナポレオン・ダイナマイト(邦題『バス男』)(映画・ネタバレ) | トップページ | ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/7171284

この記事へのトラックバック一覧です: 最近はマンガの映像化が多すぎる:

« ナポレオン・ダイナマイト(邦題『バス男』)(映画・ネタバレ) | トップページ | ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo »