« 下妻物語(映画・ネタバレ) | トップページ | 電車男(映画・ネタバレ) »

2005年8月 5日 (金)

皇帝ペンギン(映画・ネタバレ)

050211_1152002

今年の2月、入場者数日本一といわれてる旭山動物園でやってるペンギンの散歩を見にいったのですが、あれは…いいですよ。目の前をぺんぎんの集団が歩いてるんですよ。癒し系。(写真はそのとき撮ったペンギンです)
この映画のポスターもかわいい子ペンギンのアップなためか、観客も女性が多かったよ(レディースディーだったし当然か)。
しかし、皇帝ペンギン、あんなかわいい顔して実は過酷な生存競争を勝ち抜いてきた強者ですよ。


冬を迎える南極大陸で、皇帝ペンギンが何百キロという大行進をはじめるところからこのドキュメンタリー映画ははじまるのですが、どんだけ集まってきてんのよ?! とそこからまず驚かされます。
二本足で歩いてるかと思えば腹すべりしてるペンギンもいるし。
白い南極大陸の大地に、黒い皇帝ペンギンの行列が延々と続き、やがてオアモック(パンフによると、オアシスとウモック(氷丘)を組み合わせたこの映画の造語だそうです)にたどり着いてそこで子供を育てるのです。
その数カ月間にわたる光景、想像以上に過酷だ…としか言い様がありません。語彙が少ないもので。
−40度で秒速30メートルの風と雪って、想像の範囲外の環境ですよ。
その中でオスは100日以上にも渡って絶食して卵をあたためて、メスは生まれてくるひなのために必死で海までえさをとりに行って、また戻ってくる…。
なかば忘れていたのですがペンギンは鳥類なので、母乳でひなを育てるわけでないんですよね。
何日も何十日もかけて、ひなのためにえさをとって、体に貯えておいてそれを与える…。
完全に圧倒されてしまって、ペンギンの生命力の前では自分なんて…と少し鬱になりつつも、ひながかわいかったので、結果として癒されました。
皇帝ペンギンのひなって、なんであんなカラーリングであんな模様なんだろう。もこもこしてるし。
あいくるしいにもほどがあります。

個人的に圧倒されたシーン
大行列からはぐれたペンギンが1羽で雪原の中にいる…。
本当に何もない、地平線の無効までただ真っ白な大陸で、はぐれたペンギンが必死で仲間を呼ぶ。
力つきても、やがて雪と氷がその痕跡を覆い隠してしまう。
そんな光景が南極で何千年も繰り返されてきたのかと思うと、本当に切なく思うよ。

しかし、見た映画館、やたらと冷房きかせてて寒すぎ(南極に比べればまし)。
五感で映画を体験しろということなんだろうか…

|

« 下妻物語(映画・ネタバレ) | トップページ | 電車男(映画・ネタバレ) »

コメント

こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございました。

旭山動物園!今行ってみたい動物園ナンバー1です。
九州と対極のため、いついけるかわかりませんが。
一番近場で長崎ペンギン水族館があります。
そこでも冬はキングさんのパレードが見れて幸せ気分になります。

投稿: しろやぎ | 2005年8月 9日 (火) 17:12

しろやぎ様

コメントありがとうございました。

長崎ペンギン水族館のキングペンギンパレード、いいですねえ。
ペンギンの歩く姿ってほんとうに不思議と癒されてしまいます。

投稿: はるまき | 2005年8月15日 (月) 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/5317205

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ペンギン(映画・ネタバレ):

» 皇帝ペンギン [においずき]
やっとやっと見に行けたー。ペンギン夫妻の結婚-出産-子育て1年間ドキュメンタリー。 レディースデーなのに8人しかいないって・・・でも呪怨のリメイク版のときなんか 4人しかいなかったから、それ考えたら倍だよ、倍。 みんなで一列行進(すごい数)で安全なところまで歩...... [続きを読む]

受信: 2005年8月 5日 (金) 11:14

» 野生には、作り物でないドラマがある◆『皇帝ペンギン』(吹替版) [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
7月24日(日)TOHOシネマズ木曽川にて 南極で厳冬の中、ただ子孫を残すためだけに生きる皇帝ペンギン。 その生態を描いたドキュメンタリーである。 最近公開されたドキュメンタリー作品では『WATARIDORI』と『ディープ・ブルー』も観たが、私はこの『皇帝ペンギン』に一番... [続きを読む]

受信: 2005年8月 6日 (土) 03:18

» 「皇帝ペンギン」 [じゃがバタ〜 日記]
オットさんは、早朝会議だとか、、、 いつもより1時間早く、7時には出勤!ご苦労さまです。 あれ?ってことは、8時20分からの映画に間に合うじゃありませんか! レディースデー万歳!早朝会議、万歳! 「皇帝ペンギン」吹替版 観てきました。... [続きを読む]

受信: 2005年8月 6日 (土) 08:40

» 皇帝ペンギン [社長の本音日記]
すっかり最近の新作映画を観る場となった国際線の機内ですが、7月のJALはあまり興味を惹く作品がなくがっかりしましたが、復路は8月になっていたので、フランスで大ヒットし、アメリカでもスピルバーグの「宇宙戦争」を抜いたと評判の「皇帝ペンギン」を観ることができ... [続きを読む]

受信: 2005年8月 6日 (土) 11:03

» フランス語になると官能的になる◆『皇帝ペンギン』(字幕版) [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
8月24日(水) ゴールド劇場にて 『皇帝ペンギン』は吹替え版を一度観ているのだが、今日は映画と映画の間に3時間も空いてしまい、どうやって時間を潰そうか考えた結果、これを観ることにした。1日3本はキツいので、出来るだけ避けるようにはしているのだが、2度目だし、....... [続きを読む]

受信: 2005年8月31日 (水) 13:21

» 「皇帝ペンギン」 [ミチミチ]
「皇帝ペンギン」試写会 監督 リュック・ジャケ CAST 皇帝ペンギンがいっぱい STORY マイナス40℃の世界の南極大陸に生息する皇帝ペンギン。彼らはある時期になると、パートナーを見つけるためにある一箇所に集まる。そして彼らは子を育み、巣立ち、わかれていく・・...... [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 12:47

« 下妻物語(映画・ネタバレ) | トップページ | 電車男(映画・ネタバレ) »