« ウォーターボーイズ2005・前編(SPドラマ・ネタバレ) | トップページ | 視界5メートルの世界 »

2005年8月26日 (金)

リンダリンダリンダ(映画・ネタバレ)

年代バレな話ですが、私が小学校高学年〜中学生の頃「イカ天』ブームだったので、「ジッタリン・ジン」とか「たま」とか「FLYING KIDS」とか「BEGIN」とか懐かしすぎる。ブルーハーツはいか天バンドではないけれど、同時期ですから。それよりも奥田民生がユニコーンだったことをすでに知らない世代か…とこの映画を見ながら衝撃を受けていた(あまり話の内容とは関係ない)

影響を受けやすい私は見た後、さっそく借りてしまった…


文化祭がはじまる前日になって、いきなりブルーハーツのコピーバンドをやることになった山田響子(前田亜季)、立花恵(香椎由宇) 、白川望(関根史織)。そしてボーカルはなかば無理矢理入れた韓国からの留学生・ソン(ペ・ドゥナ)。本番まであと3日。果たして彼女たちは文化祭でのライブまで間に合うのか…?

…みたいな、内容としてはいわゆる「女子高生の音楽青春モノ」? のベタな内容なんだけど、適度に熱くなくてよい。よくもわるくも普通。若干けだるい雰囲気もある。私はすき。としかいいようがないなあ。
ペ・ドゥナ演じるソンちゃんがいい味だしまくってます。
カラオケに練習しに行くとき、店員に「ドリンク飲まないと歌えないの」と言われても「それおかしいよ」と答えたり、男子に告白されたときに「嫌いじゃないけどすきじゃない」とか。うーん、文章で書いてもおもしろくはない。
恵演じる香椎由宇は、WBの花村さん、のイメージとは全然違っててびっくり。

で、肝心の文化祭のライブには(案の定)遅れてしまうのですが、途中から降り始めた激しい雨のせいでどんどん会場の体育館に人が入ってきます。このとき、間をもたせるためにアカペラで歌った人がすごくいい歌声でびっくり。ようやく終盤ぎりぎりになって間に合った4人組、なんとか舞台にたつことができたのですが…。このとき、ソンが体育館にいるたくさんの生徒を見て、観客に背を向けたところの表情がいい。テンパってるテンパってる。
準備の整ったバックの3人の目配せ、そして恵がソンに目配せする。このあたりで私のテンションもいまかいまかとあがりまくり。
あとはもう「リンダリンダ」、「終わらない歌」でラストを締め。このあたりは「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」と同じ感じですね。
このライブの間、単純な私はうっかり目頭が熱くなりました。
エンディングはブルーハーツの「終わらない歌」。

本当に、最初に書いた「いか天」ブームのあたりを知ってる人間にはたまらない映画でした。
いまでもブルーハーツは高校の文化祭でコピーされてるんだろうなあ。

|

« ウォーターボーイズ2005・前編(SPドラマ・ネタバレ) | トップページ | 視界5メートルの世界 »

コメント

ブルーハーツはその時代はもう、終わりかけてたよ。私が高校生のときが出たしだもの。
たまもジッタリン・ジンも私が社会人になるころだからね。
私、ブルハのCD持ってないんだけど、昔しょっちゅう観てたおかげで、有名な曲はほぼ全曲歌えます。
あたし36歳よ。

投稿: Anemone | 2005年8月28日 (日) 23:24

Anemone様

コメントありがとうございました。
あっ、そうでしたか。このへんの記憶がすでに曖昧なまま書いてしまいました。

確かにCDもってなくても、しょっちゅうテレビやラジオで聴いていたので歌えますよね。

投稿: はるまき | 2005年9月 4日 (日) 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/5639345

この記事へのトラックバック一覧です: リンダリンダリンダ(映画・ネタバレ):

» リンダリンダリンダ 評価額・1600円 [Blog・キネマ文化論]
●リンダリンダリンダを浜松東映劇場で鑑賞。 とある地方都市にある芝崎高校。高校生 [続きを読む]

受信: 2005年8月27日 (土) 18:37

« ウォーターボーイズ2005・前編(SPドラマ・ネタバレ) | トップページ | 視界5メートルの世界 »