« 書き込みテストですよ | トップページ | 電車男(ドラマ第3話・ネタバレ) »

2005年7月21日 (木)

姑獲鳥の夏(映画・ネタバレ)

原作は既に読んでおり、頭の中で自分なりのイメージがある状態での映画鑑賞。
原作物の映像化作品を見るときには、自分なりのイメージというものをいったんリセットして見てるのだけど、この映画に関しては、キャスト含め絵面的には違和感はなかったと思う、個人的イメージと。
それに、ところどころにシリーズを知ってる人なら思わず「おっ」と思う小ネタ? というか今後の伏線? が張られていたので内心にやにやしましたよ。
ただ、話の内容としてはどうなんだろう。
必死で、原作の内容を補完しながらスクリーンを見るという作業におわれていたため、映画そのものを楽しめたかというと疑問。おかげで映画見終わった後、どっと疲れた。
まあ、そもそも原作自体が気軽に読めるタイプの本じゃないんで読む度にくらくらしちゃいます。なのについ読んでしまう恐ろしさよ。



ここからネタばれ的感想の垂れ流し


・あの京極堂のうんちくを実際に聞くと、たぶん私は関口より理解できない…。原作読んでてよかったと思った。

・京極夏彦本人がでてたけど、私、あの人はてっきり多々良先生だとばかり思ってました。

・わりと脇までハマり役が多いと思うのですが、なんといっても和寅の荒川良々が妙に記憶に残ってますよ。
あれは…反則だろう。あと、お潤さんがいい感じ。

・永瀬正敏が、はり倒したくなるくらい、関口チックだった。(ちなみに映画化の話が出る前は、渡部篤郎がいいんじゃないかと思ってたのだけど、永瀬もいい感じ)

・牧朗の母親に対する傾倒ぶりと、そこから由来する彼自身の歪みがあまりはっきりと書かれてなかったので、何故、人工受精にこだわるのか、梗子と内藤の不倫関係を黙認(とうよりむしろ奨励?)してたのかがわかりにくいと感じた。さらに、学生時代の関口が涼子を(自主規制)したという点が曖昧なので(ま、察してください、という感じの表現だったけど)、涼子と関口の関係もなんか物足りない…。個人的に最後の、涼子から赤ん坊を受け取る関口の台詞がこの「姑獲鳥の夏」の重要点だと思っているので、なかったのはちょっと残念だな。

・この話はそもそも映像化できない、ということをどこかで見聞きしていたので(例の部屋でのシーンとか)、スクリーンで見る、という行為がすでに「うぶめ」の話の骨格をゆるがしてるような気がしないでもない。なら見るな、といわれそうですが、見たいという欲求には逆らえないわけです。以降のシリーズの映画化は…どうなんでしょう。楽しみは楽しみなんだよなあ、やっぱり。

|

« 書き込みテストですよ | トップページ | 電車男(ドラマ第3話・ネタバレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123965/5073431

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏(映画・ネタバレ):

« 書き込みテストですよ | トップページ | 電車男(ドラマ第3話・ネタバレ) »