トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

下妻物語(映画・ネタバレ)

レンタルショップに行く度に借りられていて、ようやく見ることができた。
試写会に行った人やネットでの評判がかなりイイというのは知ってたけど、実際に見たら…
おもしろすぎ!!
ああ、なんで映画館で見なかったんだろう。


自己チューロリータ少女と原チャリとばすヤンキーの最悪友情物語、だなんてイロモノ…? と思わせておいて、実際に見たら気持ちよく笑えてちょっとホロリ。
女の子の友情物語って実はあんまり知らないけど(「NANA」とか読んだことないし)、この2人の関係の描き方はすきだな。
「ロココ時代のおフランスに生まれたかった」まさに、ふかきょんのための役じゃないかと思うわけで、ロリータ似合い過ぎ。土屋アンナもほんとにレディース?! とか思っちゃったよ。特攻服似合い過ぎ。脇役おもしろすぎ。(ちょっとクドカンドラマぽい?)荒川良々…ここにもいたか!

なんか映像のテンポがすきだなあ、と思ったら監督は、トヨエツと山崎努の卓球CM(アサヒ黒ラベルだったか?)の人なのかと吃驚しつつも納得。
最初の良々の車にはねとばされるところのスローモーションとかそれっぽい。
あと、個人的に好きなシーンは失恋したイチゴが「女は人前で泣かねーんだよ」に対して桃子が「ここには誰もいません」(台詞うろ覚え)て答えるシーン。ちょい涙腺刺激された。


個人的にはすごいすきなタイプの映画だけど、駄目な人は駄目だろう、って感じ。
なんとなく、映画の「電車男」が似たテイストぽい。イロモノ扱いなところとか、笑いつつもホロリなところとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

亡国のイージス(映画・ネタバレ?)

本日から公開とのことですが、2週間くらい前、一足先に試写会で見ました。
なぜかローレライから福井氏原作の映画を立続けに見てるのに、実はこの人の本はまだ読んだことがないのです。


頭が悪すぎる感想ゆえ、なんの役にもたたない感想文

結論を先にいうと、満足でした。

そんなわけで原作とか殆ど知らない状態で見たので、人間関係とか分かりずらいかなあと見る前は思っていたけど、見る前に配られた小冊子を見たので、画面に集中できた。
でも、中井貴一の役名(話の立ち位置)も書いてあったのはちょいとネタバレじゃないかとも思ったけど、あんまり気にはならなかった。
内容としては、海上自衛隊「いそかぜ」が某国の工作員にのっとられて云々(オプションで秘密兵器もつくよ)、船内や陸上での男たちの緊迫した闘いの連続、な感じでなかなか濃くて満足。画面的にも「映画を見た!」という満足感を味わいました。ミサイル飛ぶし、対秘密兵器攻撃のために三沢基地から米軍出撃するし、最後は東京湾でいそかぜ炎上するし。
なぜ映画の最後には舞台となった場所が必ず炎上するのだろう。
今年見ただけでも、戦国・うぶめ、そしてイージス(ローレライは炎上でなくて撃沈…)。
それはおいておくとして、ローレライのピエール瀧・戦国の北村一輝に匹敵するMVPは、吉田栄作か谷原章介か、悩むところ。
ついでに、ローレライと戦国の名前を出したところで思ったのだけど、人物配置が似通ってるよねこの3つ。気のせいか。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年7月25日 (月)

GRAPEVINEの全国ツアー

http://www.grapevineonline.jp/

しかしグレイプバイン、「LIFETIME」でどかーんとくるかなあと思ったのに(何年前だ)、微妙なポジションのまま結構たつけど、正直、新規のリスナーがいるのか…?
なんて別に私が悩むことではないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

電車男(ドラマ第3話・ネタバレ)

映画のほうもそのうち感想を書く気ですが、とりあえずは見たばかりの第3話の感想をば。
毎回思うのだけど、ドラマ電車男は選曲がいちいちツボに入りまくり。特に、電車の天敵の陣釜さんとかサトエリに帝国軍のテーマなんて最高すぎる。ELOとかロマンティックがとまらない、あたり、なんていうか80年代チックだ。もしかしてそこらへんがこのドラマが受けてる要素なのかも知れないな、と。


今回は、エルメスとの初デート! な回ですがむしろ、スレが荒らし(ケガしたバスケ選手)に荒らされて、今まで祭状態だったスレが一時閑散としてしまう…という流れが印象的だな。
まあ実際の荒らしなんてあんなもんじゃないし、むしろあの書き込み自体、言ってることは正しい気がする。電車も書き込みを見て、スレに頼り切って自分の気持ちをちゃんと見つめてなかったな、と考えさせるところは、「あ、ちゃんとドラマの長い尺をちゃんと活かしてる(何様だ私)」と思った。
電車とスレ住人のやりとりが、やっぱりキモなんだよなこの話…
スレ住人自体も入れ替わりしてるところも結構いい感じかな。ただ、書き込みしてる人自身の問題が解決してしまうともう登場しないんだろうか? 1話の女子アナ、2話の塚地…そして今回のバスケ選手も来週はもういないのか…。(1話の女子アナについてはあの問題の方が大きいのかもしれないが)
正直、あの煽り調の書き込みする人物がいなくなるとこれからスレのやりとりが単調にならんかな。
個人的には今回登場した葛山信吾あたりに一波乱を起こしてほしいところ。

しかし、劇団ひとりは毎回毎回笑わせてくれる。名古屋から通ってるのかよ! と突っ込んでしまったよ。劇団ひとりと白石美帆がこのドラマのスパイスになってる。ただ、やっぱりドラマでのヲタに対する世間の描き方が切ねえ…。笑えねえ…。公開録音のゲストが「ともだちがいってたんですけどぉ」って前置きしてたけど、あれ本音じゃないの。陣釜もなあ、きっついんだよ…食べ物を祖末にしちゃいかんだろ(笑)
これから電車もどんどんレベルアップしてって、周囲の描き方もかわってくるのだろうけど、劇団ひとり&もうひとりのヲタ友と、電車の関係がどうなってくるのか気になる。ヲタイベントにもいく暇もなくなるだろうし…うーん、むしろ電車&エルメスより気になる!

エルメス絡みをスルーしてるのは、ひとえに興味がこれっぽっちももてないからです…
伊東美咲は思ってたよりずっとハマってるんだけど、家族絡みとか昔の恋愛話は別にいいや、っていうかもこみちって最初ライバル役って言われてたはずでは…?

来週はサーフィン特訓する電車の話というオリジナルな展開だけど、どうなるかな。
なんだかんだ言って電車の成長ぶりが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

姑獲鳥の夏(映画・ネタバレ)

原作は既に読んでおり、頭の中で自分なりのイメージがある状態での映画鑑賞。
原作物の映像化作品を見るときには、自分なりのイメージというものをいったんリセットして見てるのだけど、この映画に関しては、キャスト含め絵面的には違和感はなかったと思う、個人的イメージと。
それに、ところどころにシリーズを知ってる人なら思わず「おっ」と思う小ネタ? というか今後の伏線? が張られていたので内心にやにやしましたよ。
ただ、話の内容としてはどうなんだろう。
必死で、原作の内容を補完しながらスクリーンを見るという作業におわれていたため、映画そのものを楽しめたかというと疑問。おかげで映画見終わった後、どっと疲れた。
まあ、そもそも原作自体が気軽に読めるタイプの本じゃないんで読む度にくらくらしちゃいます。なのについ読んでしまう恐ろしさよ。



ここからネタばれ的感想の垂れ流し


・あの京極堂のうんちくを実際に聞くと、たぶん私は関口より理解できない…。原作読んでてよかったと思った。

・京極夏彦本人がでてたけど、私、あの人はてっきり多々良先生だとばかり思ってました。

・わりと脇までハマり役が多いと思うのですが、なんといっても和寅の荒川良々が妙に記憶に残ってますよ。
あれは…反則だろう。あと、お潤さんがいい感じ。

・永瀬正敏が、はり倒したくなるくらい、関口チックだった。(ちなみに映画化の話が出る前は、渡部篤郎がいいんじゃないかと思ってたのだけど、永瀬もいい感じ)

・牧朗の母親に対する傾倒ぶりと、そこから由来する彼自身の歪みがあまりはっきりと書かれてなかったので、何故、人工受精にこだわるのか、梗子と内藤の不倫関係を黙認(とうよりむしろ奨励?)してたのかがわかりにくいと感じた。さらに、学生時代の関口が涼子を(自主規制)したという点が曖昧なので(ま、察してください、という感じの表現だったけど)、涼子と関口の関係もなんか物足りない…。個人的に最後の、涼子から赤ん坊を受け取る関口の台詞がこの「姑獲鳥の夏」の重要点だと思っているので、なかったのはちょっと残念だな。

・この話はそもそも映像化できない、ということをどこかで見聞きしていたので(例の部屋でのシーンとか)、スクリーンで見る、という行為がすでに「うぶめ」の話の骨格をゆるがしてるような気がしないでもない。なら見るな、といわれそうですが、見たいという欲求には逆らえないわけです。以降のシリーズの映画化は…どうなんでしょう。楽しみは楽しみなんだよなあ、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

書き込みテストですよ

や、何。
適当に選んでみたけどこんな感じなのか。
まあ、何ごとも経験と言うのでとりあえずしばらくはここにお世話になろう。
文章の書き方もかなり忘れているので、(それこそ「てにをは」レベルからやり直ししないとダメじゃなかろうか)読みずらい文章になりそうだ。

そんなこんなで適当にはじめてみる。

| | コメント (0)

トップページ | 2005年8月 »